Synchronized Symbols

指定された複数の子チャートのシンボルを、親チャートに同期(シンクロ)させるインジです。(正確にはインジではないですが、分類的にインジってことで・・・)

※)MT5のみ

パラメータは次の2つです。

  • unique ID(0-4) (Parent=0,children=others)
    親チャートはID=0(必須)
    子チャートはID=1~4までの4枚指定可能
  • debug mode
    IDが混乱した時に、trueにすると左上にIDを表示します。

使用例

  1. 上記4画面で、チャート⓪①②にID0-2を指定してSynSymインジを追加します。
    (デバッグモードなので下線のIDが表示されています)
  2. ID=0の親画面にGBPUSDをドロップして、シンボルを変更します。
  3. ID=1,2のチャートが同期して、GBPUSDに変更されます。
    この時、時間足や他インジは変更されません
  4. また、SynSymを設定していないチャート③は変更されません

注意事項

  • IDが重複している場合には、正しく動作しません
  • 子チャートのシンボルを変更しても、他チャートには反映されません
  • トレンドライン等のオブジェクトを使用している場合は、削除はされませんが当然表示はおかしくなります
  • debug modeをtrue→falseに変更した場合は、terminal再起動することでIDのコメントが消えます。
  • 本インジは、一時的な端末グローバル変数(SynSym_xxx)を使用しています
  • 動作がおかしくなった場合は、SynSymを一旦削除して、terminal再起動をお願いします

興味のある方はダウンロード専用ページへお越しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。