autoTrade@GCP:f1-microの続き

先日から、GoogleCloudPlatformのf1-microを使って自動取引を開始しました。

取引自体は(まだ回数は少ないですが)正常に動作しているのですが、コンソール上に警告?が表示されました。

CPUが危ないのかな?と思ってよく見ると、詳細ボタンがあって原因は「メモリひっ迫」と判明しました。

実際のメモリ使用状況は?というと

こんな感じで、開始時から殆ど増えていません。優秀ですねw

使う側からしたら、想定内のメモリ使用量(f1-microは元々が少ない)なのですが、一般的基準で判断すると、残り40MB強はやはり少ないのでしょうね。

だがしかし・・・

当面このままでいくことにします。

いずれストラテジーも増えて、マシン移行せざるを得ない状況になるのは明らかなので・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。