TensorFlow(colab)+TPUでの再現性の確保

TensorFlowの再現性確保にかなり苦労したので残しておきます。

※)以下は ver1.13.1のtf.keras.Modelを使用し、fit()で実行しています。

shimizuはハイパーパラメータを試行錯誤するのに、ループの中で条件を変更して結果を一覧表示する方法をとっています。

mxnetの時は簡単で、ループの最初にseedをセットして再初期化するだけで上手くいきました。

np.random.seed(1234)
mx.random.seed(1234)

ところが、TensorFlowだとこれが上手くいきません・・・

“TensorFlow(colab)+TPUでの再現性の確保” の続きを読む